派遣薬剤師として働くメリット

精神的な負担が少ないこともメリット

正社員の給与を上回ることも : オンオフのメリハリをつけて働ける : 精神的な負担が少ないこともメリット

さらに、契約期間が決まっていることで、正社員ほど人間関係などのしがらみがなく、精神的な負担が少ないことも大きなメリットです。
勤務先である病院や薬局などは非常に狭い環境であるため、ストレスも多いといわれています。
万が一、その職場で継続して勤務することが難しいと感じた場合も、契約期間ごとに辞めるチャンスが訪れるため、その旨を派遣会社に伝えた上で、別の職場を紹介してもらうことができるのです。
また、薬剤師は派遣社員でも再就職がしやすいと言われています。
最近の薬剤師市場は、薬学部の6年制が導入されたことにより慢性的に人手不足に陥っています。
そのため、他の職業に比べて雇い止めされることも少なく、契約期間満了後も他の就業先を探すことは難しくありません。
また仕事ぶりや人柄が評価され、労働者と就業先の同意をもって、そのまま正社員として雇用してもらえるケースもあるようです。
このように、国家資格を活かしつつ、時間の融通を利かせながら働きながら高収入が期待できるのが派遣のメリットといえます。
ご自身のライフスタイルと照らし合わせ、働き方のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。